GPS付きデジタルラジオ

今回はGPS機能付きラジオ端末をご紹介します。

株式会社アマネク・テレマティクスデザインは、2016年3月15日、GPS付きデジタルラジオの開発を開始したと発表しました。


本製品では、同社が配信しているドライバーラジオチャンネル「Amanek チャンネル」と連携し、GPSを用いて現在地周辺(最小1キロエリア)の豪雨・豪雪などの気象情報を受信することが可能です。


またLED懐中電灯、USB給電機能が備わっており、カップホルダーに収まるサイズで設計されています。500mlペットボトルほど大きさにすることで車だけでなく、自転車や船舶など様々なシーンで利用されることを目指しています。



現在地に応じた気象情報を得ることができるラジオ端末を、気軽に持ち運ぶことができるのは非常に便利ですね。

出典
東京IT新聞
URL
http://itnp.net/article/2016/03/16/2596.html

前の記事
GPSを利用した道路課金
システムを三菱重工グループが受注

次の記事
GPS搭載の自動運転
ピザ宅配ロボットを開発